Hyperchase×Fragmentdesign

f:id:katag_iri:20150214195720j:plain

 

 

NIKE LAB Hyperchase×Fragmentdesignを購入しました。

 

 

私。

 

サンダーマークに魅力を感じるというより。

 

LABで発売するスニーカーに魅力を感じるんですよね。

 

 

都会的で洗練されている印象があります。

 

 

今回のHyperchaseは、3色展開でした。

 

 

ネイビーはスウッシュが太く。

 

剥がして食べたくなるくらいの『ちまき感』を醸し出していたため。

 

狙いは、オリーブ一点に絞っていました。

 

 

また。

 

私は、ネイビーの洋服をよく着用するため。

 

靴は、他のカラーがいいんですよね。

 

 

 実際、履いてみたところ。

 

自分の足に合っていて、履き心地は申し分ないです。

 

 

 

『LABでは、買えない!』

 

 

『無理ゲーだ!』

 

 

 

 などというような声が聞こえてきますが。

 

そんなことありません。

 

 

ネットに弱い私が買えるくらいですから。。

 

 

私はまず。

 

9:30くらいにPCの前に座り。

 

コーヒーをゆっくり飲みます。

 

 

※LABの発売時間は、木曜日10:00

 

 

そして。

 

 

『東京に陣取った外国人転売ヤーには負けとれんて!』

 

 

と気合いを入れます。

 

 

ナイキオンラインは。

 

東京が地理的に圧倒的優位と言われています。

 

 

発信元から近いほど有利ということになりますね。

 

 

相当数の転売ヤーが東京に陣取り。

 

最新PCを用いBOTで購入していることでしょう。

 

 

だからといって。

 

諦める私ではありません。

 

 

購入するための方策を考え。

 

いろいろと試行錯誤する必要性はあると思います。

 

 

どのようなPCがいいのか。

 

スマートフォンの方が優位性を発揮するのか。

 

 

GoogleChromeを使うべきか。

 

Safariを使うべきかなど。

 

 

最近は。

 

難易度が高まっているため。

 

直リンクを使わないと難しいかと思います。

 

 

直リンクにワンクリックで行くべきか。

 

あらかじめ開いておいてリロードで行くべきか。

 

 

いろいろ試しながら。

 

ベストの方策を探っていきます。

 

 

そして。

 

最善の方法はと言いますと…。

 

 

 

『わからないお /(^o^)\』 

 

 

 

結局。

 

ネット環境とタイミングの精度を高めることが。

 

成功に繋がるのではないかと。。

 

 

私は、MacBook AirにポータブルWiMAX

 

 

決してネット環境が良いとは言えません。

 

有線の方が優位であることは、間違いないと思います。

 

 

最後に。

 

BOTで購入することは、違法行為です。

 

BOTで購入した人を特定するのは、難しいことではありません。

 

 

※海外を経由した場合、特定が困難なケースもあるようです。

 

 

ナイキ側が購入時の対策はしているとは思いますが。

 

おそろく、個人を特定することに関して。

 

難しい要素があるのでしょう。

 

 

今後。

 

ナイキのアプリ『SNKRS』がリリースされることによって。

 

環境が変わってくるかもしれません。。 

 

 

さて。

 

明日は、Mercurial Superflyです。

 

 

 凄く欲しいんですよね。

 

 

どうなりますか。。